東京都の大田区の自律神経・自己免疫力回復のストレス整体 気功・整体・カイロプラクティック英(はなぶさ)

自然良能の力とは?

自然良能の力とは?

何が病気を引き起こすのか?

それはストレスが大きく左右しています。

ストレスが大きくなるほど自律神経の働きが悪くなります。
すると心身ともにバランスを崩し、気血の流れを悪くし、自然良能(抵抗力)の低下を招きあらゆる病気の根源になってまいります。

※自律神経は人の心臓をはじめあらゆる内臓器官の働きを支配していて自分の意志でコントロールできないものです。

しかしこの現代社会においては、誰にもこのストレスは発生するものですが、長期にわたって抱え込むことを避け、出来るだけ早く解消することがとても大切です。

病気はどうして治るのか?何が病気を治すのか?

医師か、薬か、その他の治療法か?
医師や薬は化学療法。
その他の治療法は物理療法です。

画像の説明

薬を体内に入れたり、体表から刺激を加えるという、いずれも対処療法です。

対症療法が作用して、痛い、苦しい、という色々な病状を軽減させ、気分を良くさせることが出来ても、痛んだ身体を綺麗に元通りに治し、健康な状態にまでにすることの出来るのが、人間の身体に内在する「自然良能の力」だと思います。

すなわち、何の治療の手を加えなくても病を治すことのできる「力」があるということです。

これを医学的には抵抗力と呼んでいます。
病に対して抵抗する力です。

本来人間には自然良能の「力」が誰にでも備わっており、その「力」こそが、病気を治す主役(本人)であると考えておりますので一切の治療法はあくまでも補助役(脇役)であることに違いありません。


真の治療法とは

ですから、真の治療法とは、病気というものの最も根源的な(もの)に働きかけて、初めて自然良能の力が発揮されてくると思いますので、対症療法では根本的な治療にならないのではと考えております。

その理由は、病気が起こると身体の中には必ずそれを治そうとする「力」が生じます。この力が強ければ何等治療の手を加えなくても病を征服してしまいます。

ただし、その力が弱く病勢が強くなれば病気はだんだんと重くなり、ついには死をも招きます。



このことは誰でもが分かっていることでしょう。このことを考えても、その人の身体を支配し生命を脅かす外的に断固として戦いを挑む一種の「力」を想像することが出来るでしょう。

これが「自然良能の力」です。


自然良能の「力」を引き出すために

では、その主役である自然良能の「力」を引き出すにはどうしたら良いか?

それは、身体の末端まで気血の流れを良くすることです。

血行が悪くなるとシグナル(痛い、苦しい、辛い、違和感など)色々発してくるのが身体の法則ですから、その血行を良くすることです。

健康体とは、自然良能が完全に行われている状態です。
どんな治療法も健康法もこの法則にかなったときに可能であると思います。


あきらめないこと

画像の説明

また、自然良能は生命の始めから終わりまで、老若男女にかかわらず、一生働き続けますので絶対にあきらめないことが一番大事だと思います。


当院の使命

当院は以上のことを念頭に置き、

主役が引き立つように無駄なく効率よく自然良能の力が最大限に発揮できるよう、ご本人に合った各種療法を用い、身体の歪みを整え、気血の流れと水分のバランスを正し、柔軟性のある身体に導いてまいります。


健康でなければ、夢も希望もやる気も勇気も湧いてきません。


健康=気血旺盛=自然良能強化=無病


皆様の笑顔を楽しみに、毎日一生懸命頑張っております。

笑い、会話がストレス解消に大変有効です。
当院ではストレス解消法のお手伝いをしておりますので、お気軽にお電話ください。

お待ちいたしております。


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional